デニムをつくる

45Rといえば、欠かせないアイテムのひとつがデニム。
ほぼ毎年、色や素材・かたちを変えて
新作のデニムを生み出しています。
その背景には、「ないものづくり」を貫く
45Rの哲学があります。
素材開発からかたちづくり、加工、店頭に届くまでを担う
それぞれのプロフェッショナルに、
想いやこだわりを聞きました。

1素材を生み出す
企画素材部 前川裕昭

2かたちを考える
モデリスト部 石塚勝啓

3具現化する
段取り部 伊藤広介

4お客さまに届ける
店舗運営部 下田正則

1素材を生み出す /企画素材部 前川裕昭
素材を開発することからはじまる45Rのデニムづくり

染めの回数によってまったく違う色に変化していく藍染め
―45Rのデニムとは、どんな存在なのでしょうか。
前川:45Rのデニムは糸の紡績から製造、加工まですべてメイド・イン・ジャパン。
その最大の特徴は、オリジナルのインディゴの色をほぼ毎年開発していること。
新色はすべて、日本の野良着や、藍染めから生まれた「藍四十八色」の中から目指したい色を選ぶところから始まります。
古いものを知り、常に原点に立ち返りながら新しいものをつくっていくのが45R流なんです。

染めの回数によってまったく違う色に変化していく藍染め

生地になったときの仕上がりを想像しながら、
あえてムラをつけたオリジナルの糸

―どのようなプロセスでつくられていくのでしょうか。
前川:まだこの世にないものを0からつくるわけですから、そう簡単にはいきません。
オリジナルのインディゴの色の開発にも、通常でも1年、長くて1年半、職人さんとテスト染めを繰り返して、45Rだけのオリジナルのレシピをつくっていきます。
その後、ロープ染色された糸は「織り」の行程へ。工場の中でも、熟練の限られた職人さんしか45Rのデニムの生地を織ることができません。縦糸と横糸の番手(太さ)の具合や、仕上がった生地の軽さ・密度をみながら、理想の生地の厚みや風合いになるまで何度も試行錯誤を重ねていきます。ゆっくりと織り上げることで生まれる独特の風合いや、でこぼこした立体感はここでしか出せません。

生地になったときの仕上がりを想像しながら、あえてムラをつけたオリジナルの糸
―仕事に喜びを感じるのはどんな時でしょうか。
前川:ようやく出来上がった製品を見るのはもちろんですが、素材からモノが生まれる、その一連の過程を見るのが一番楽しいですね。何かの作業を工場や職人に丸投げすることは決してない、というのが僕らのポリシーです。どんな行程もすべて作り手と併走し、自分たちが納得できてから進めていくからこそ、45Rのものづくりの楽しさがあると思います。
2かたちを考える /モデリスト部 石塚勝啓
素材の特徴を感じてパターンを引き、自らミシンを踏んでつくる服の「かたち」


―デニムのパターンをつくる上で心がけていることはありますか。
石塚:まず考えるのは、素材の良さを最大限に活かすためにかたちがどうあるべきか、ということですね。そのためには、服となる素材の性質をよく知る必要があります。この生地のやわらかさならこの縫製がいいね、というように、実際にミシンをかけながらベストな状態を探っていきます。
デニムというのはもともと作業着として生まれたもので、そのデザインに無駄がなく、基本のかたちが既に完成されています。長い年月をかけて残ってきたものだからこそ、大きくデザインをいじることはせずに、細かなディテールに45Rらしさを込めることにこだわります。



理想のかたちに向かってミシンを踏み、サンプルをつくる


―実際には、どんな仕事内容があるのでしょうか。
石塚:デニムを型紙から起こした後は、生地を裁断し、ミシンで縫って、1本のサンプルをつくっていきます。企画、パターンから仮縫いまでをひとりのパタンナーが担うというのは、とても珍しいでしょうね。
昔からミシンが好きで、常に何かを作りだせる環境で仕事がしたかったぼくには、ぴったりの職場でした。日によっては丸一日ミシンを踏んでいるときもあるくらいです。
デニム一本に対しても生地によって最適なステッチを考えたり、オリジナルのリベットの色味を生み出すために、フライパンで焦がしたリベットを試しにつくってみたり...。45Rにしかできないものづくりを目指すからこそ、その時々によって仕事はさまざまです。

理想のかたちに向かってミシンを踏み、サンプルをつくる

パターンを引いて、裁断。ここから更に試行錯誤がはじまる

入社して初めて購入して、今でもお気に入りのデニム

ものづくりへの情熱を感じる、しっかり使いこまれた道具たち

パターンを引いて、裁断。ここから更に試行錯誤がはじまる

入社して初めて購入して、今でもお気に入りのデニム

ものづくりへの情熱を感じる、しっかり使いこまれた道具たち
―45Rだからこそできる、デニムづくりとは何でしょうか。
石塚:それぞれの担当がすべて同じ場所にいて、常に連携し合いながらデニムづくり、ものづくりをしています。たとえば、デザイナーが100%かたちや色を指定するわけではなく、素材部が新たな生地や色味を開発した後、ぼくたちパタンナーが仮縫いしたものを見たり、穿いたりしながら、改善のアイデアを共有していきます。
パタンナーだからといって「型紙」だけをつくるのではなく、みんなで「服」をつくっているという意識があると思います。
3具現化する /段取り部 伊藤広介
デザインが決まり、サンプルを製品に落としこんで、量産がスタート

加工デニム、と一言で表しても、シーズンや
コレクションのテーマによってその表情は毎回異なる



―生産部のお仕事を教えてください。
伊藤:新しいアイテムを量産製品にできるように工場さんと打ち合わせをし、製品のクオリティ・コスト・納期の管理をしていくのが生産部の主な仕事です。展示会用につくったサンプルをもう一度生地・シルエット共に見直し、量産に入る前に工場で先上げサンプルを作成します。これを元に企画部・パタンナーと最終チェックをします。
すべてが確定したら、ようやくそれぞれの工場に確定したパターンや生地、付属を投入します。そこからは裁断、縫製、加工、仕上げと、いくつかの工場を経由しながら1つの製品が作られていきます。もちろん、状況をチェックしに、現場へ出張にもいきますよ。
ぼくの生産部としての仕事の一番の特徴はデニムの加工の「顔」をつくるサンプル作成作業を行うこと。45Rのお店に並んでいるデニムと同様、オールハンドで描いていきます。加工の表情の企画まで担う生産部というのは45R以外にないかもしれません。

加工デニム、と一言で表しても、シーズンやコレクションのテーマによってその表情は毎回異なる

本社にある作業場で、黙々と加工の表情づくりに専念
―45Rのデニム加工におけるこだわりは、どんなところにあるのでしょうか。
伊藤:サンプルの「顔」ができた後は、加工工場へ持っていき、何度もテストを繰り返しながらオリジナルの顔をつくりあげていきます。ほかに同じ手法で加工をするところがないため、ここ数年は3人の職人に45Rの専属になってもらっていますね。
今は型などを使った効率的な加工が主流ですが、45Rのデニムの加工はほとんどがオールハンドで色を落とし、加工をしています。通常の加工の10倍以上は時間がかかっています。少しずつ色を落とし、ていねいに表情を作っていきます。そのおかげで、インディゴの濃色から淡色へのグラデーションは、どこにもない格好よさだと思います。

本社にある作業場で、黙々と加工の表情づくりに専念
―工場とはどんなやり取りをしているのでしょうか。
伊藤:糸から織り、縫い、染め、加工など、すべて自分たちでつくっているため、工場の方々とは深い関係にあると思います。見えないところへのこだわりが強い分だけ手間が多く、大量生産向けの工場だと受けてくれないところもありますよ。
ただ、いまお付き合いのある工場はどこも関係が長いので、「45Rの頼みなら」と言って受け入れてくれるところがほとんどです。他社と比べて製品になるまでの時間は相当長いのですが、「こだわりをもって作りたい」という職人心のある工場と付き合っていると思いますね。
4お客さまに届ける /店舗運営部 下田正則
できあがった商品とその想いをお客さまのもとへ
―普段のお仕事の内容を教えてください。
下田:店舗のある百貨店やお店のスタッフとやり取りをしたり、お客さまからの問い合わせなどを受けたり、店舗でのイベントを仕掛けていったりと、業務はさまざまです。ひと言で言えば、ものを生み出す本社と、外の世界との窓口といったところでしょうか。
現場からの声をフィードバックして企画部・生産部に伝えるのも店舗運営部の役割です。売上げももちろん重要ですが、いまヒットしているものをもっと多くのひとに届けるにはどうすればいいかなど、数字だけではわからないニーズをどう察知するかも大切ですね



ひとつひとつ手作業で作っている「R」の革パッチは、45Rのデニムの特徴のひとつ


―お店のスタッフとは、どんなコミュニケーションを取っていますか。
下田:うちの商品をよく理解し、素材やつくりかたを知ってもらうことも大事ですが、あまり知識だけを詰め込んでも頭でっかちになってしまうと思っています。まずはお客さまに着てみていただき、シンプルに「良さ」を感じてもらうことが一番。スタッフ自身も実際に洋服に触れ、素材の肌触りや心地良さを感じとってもらいたいと思っています。
一方、「ジーンズソムリエ」という資格試験があるのですが、45Rの店舗スタッフは毎年30人以上受けていて、今では店舗スタッフの多くがこの資格を持つようになりました。専門的な知識があればいいというわけではありませんが、みんなが自ら興味を持って、デニムの魅力を広めていってくれるのはうれしいですね。

ひとつひとつ手作業で作っている「R」の革パッチは、45Rのデニムの特徴のひとつ
―お客さまに最も伝えたいことは何でしょうか。
下田:店頭に販売員として立っていた頃、何回も来店されては悩み、半年くらいかけてようやく1本のデニムを買ってくださったお客さまもいました。
そういう方ほど一度気に入っていただけると、長年のファンになってくださいますね。特に45Rのファンは年齢層もさまざまですから、世代をまたいでお客さまと1対1で対話を重ね、思いを伝えていきたいと思っています。